アメリカに住んでいた頃、近所にメキシコ料理のお店があった。 知り合いに勧められたチキンライスを注文すると、パクチーがどっさりのっていた。 それがパクチーとの初めての出会いだったのだが、最初はクセが強くてあまり好きになれなかった。 それでもそのお店のチキンライスが食べたくて、いつも注文するメニューはそれだった。 ある日、いつもと同じようにチキンライスを注文したのだがパクチーはのっておらず、店員に尋ねると、切らしてしまったというから、パクチーなしでもおいしいからいいやと思って食べた。 ただその日のチキンライスの味が違っていた。 激しい物足りなさを感じた。 額縁のない絵画のような。 その時にはっと気付かされた。自分はものすごくパクチーを欲していると。 それ以来、「パクチスト」になってしまった。 そんな人間のブログである。
プロフィール
id:pakupakuchee
ブログ投稿数
12 記事
ブログ日数
12 日
継続期間
2 ヶ月